top of page
rubix3bannernew.png
rubixlogo.png

倉庫管理システム

倉庫管理システム

「rubix」で実現できる3つのポイント

具体的かつ正確な作業指示をスタッフに与えられるよう、現場の作業者目線での倉庫オペレーションサポートを実現します。

rubix3page.png

独自のビジネスモデルに合わせて開発可能

独自のビジネスモデルに合わせて柔軟に展開できます。システムは次の場所で入手できます。 要件に応じて。


01
rubix3page2.png

カスタマイズ可能

あなたの会社のために開発されたシステム今後のビジネストレンドは変化しますが、 You can also respond to the customization like. 


02
rubix3page1.png

開発費が高い

システム開発はユニークです。そのため、パッケージシステムに比べて開発コストが高くなります。

弱点
01
rubix3page3.png

問題が体系的に未解決になるリスクがあります。

システムは要件に従って開発されているためです。担当者がいない場合は、割り当ててください。 アドレスによると

弱点
02

WMS - パッケージ システムの機能と利点

「パッケージシステム(完成したソフトウェア)」とは、すでに書かれたソフトウェアです。パッケージ化されたソフトウェアは、使いやすさを提供します。ユーザーがコンピューターの知識をあまり必要としない場合使い方を学ぶだけ

rubix3.1page.png

ビジネスの改善と発展につながる

倉庫管理に必要な機能が標準化されており、多くの企業で効率的に使用できるように設計されています。 は業務改善にもつながります。


01
rubix3.2page2.png

安い値段

ソフトウェアはすでに開発されているためです。そのため、新規開発のための費用はかかりません。設置コストが削減されます。


02
rubix3.3page1.png

現在の作業電流と一致しない場合があります

多くの企業が実行するビジネス モデルのほとんどは、標準機能です。 but if there is and business-specific_rules Existing package system company may not あなたのビジネスに

弱点
01
rubix3.3page2.png

調整が難しい

開発されたソフトウェア パッケージは、多くの場合、会社に合わせてカスタマイズするのが困難です。 (出品者によって異なります)

弱点
02
rubix3.4page2.png

ユーザー数が増えると、ライセンスの価値が上がります。

通常、パッケージ ソフトウェアにはユーザー ライセンス料がかかります。ユーザー数が多い場合cost on  が上がります。

弱点
03

rubix紹介動画(タイ語版)

rubixbg2.png

WMSの選び方 ~開発手法:パッケージシステム×スクラッチシステム~

tablerubix3.1.png
Warehouse Management System (WMS) – ข้อดี & ข้อเสีย
rubixbg1.0.png
rubixmainmenu.png

倉庫管理システム (WMS) – タイプ / 機能 / 選択肢

rubixmainmenu1.png

倉庫管理システム (WMS) の種類と機能

rubixmainmenu2.png

CSIが開発した「Rubix」があなたのニーズにお応えします。

rubixmainmenu3.png

WMS システムの詳細については、

rubix3bg.png

倉庫管理システム「rubix」とは

「rubix」は、C.S.I.独自のフレームワークで開発した倉庫管理ソリューションです。
これまでさまざまなお客様に対して開発をして参りました倉庫管理システム(WMS – Warehouse Management System)のナレッジを活用し、新たに開発いたしました。
標準のテンプレートをベースにした導入はもちろんのこと、お客様ごとの業務に対応するためのカスタマイズや周辺システムとの連携を目的としたインターフェイス開発も可能なソリューションです。

tablerubix3.png
rubix2bg0.png

WMS の選択 – コスト : 購入 (購入) x サブスクリプション

tablerubix3.png

WMS - 購入 (購入) モデルの機能と利点

「購入モデル」 購入時にソフトウェアの代金を支払う必要があります。

rubix3page.png

時間がかかるほど、コストは低くなります。

一括払いで継続してご利用いただけます。そのため、長く使うほど安くなります また、購入したWMSは になります。


01
rubix3page2.png

カスタマイズが簡単

購入タイプの場合、カスタム スクラッチを開発し、特別なビジネス テーマに合わせてカスタマイズできます。出品者によって異なります


02
rubix3page1.png

初期費用が高い

ソフトウェアの料金は、インストール時に 1 回だけお支払いいただきます。言い換えると、すべて                  初期費用あり

弱点
01
rubix3page3.png

オペレーティング システムの更新がサポートされていない場合があります。

メーカーサポートが終了した場合、WMSシステムがOSアップデート等に対応しなくなり、継続してご利用いただけなくなる場合がございます。メンテナンスチェック推                             奨。 /  慎重に作成されました。

弱点
02

「rubix」の主要機能

tablerubix3.2.png

WMS – オンプレミス システムの機能と利点

「オンプレミス」とは、インストールを意味します。サーバーを管理し、社内ネットワークを構築します。

rubix4.1page.png

高い安全基準

自社のセキュリティポリシーに合わせて自由に作成・カスタマイズできます。したがって、システムを作成することができます -厳格なセキュリティ。


01
rubix4.2page2.png

運用コストを削減しやすい

月額使用料を支払うクラウドと比較。 Most of the operating costs are maintenance costs. -したがって、 は「資産」と見なされます。


02
rubix4.3page1.png

初期費用が高い

サーバーの新規購入やセキュリティソフトの導入など、初期費用が高額

弱点
01
rubix4.3page2.png

サーバーの管理と保守は困難です。

また、サーバーの正常動作確認や障害発生時の復旧対応などの内部メンテナンスも必要です。-また、災害時にはEx: high risk

弱点
02

WMS - クラウドの機能と利点

「クラウド」とは、ネットワークベンダーが提供する外部サーバーを利用することです。

rubix3.1page.png

管理・メンテナンス不要

サーバーは、クラウド サービス ベンダーによって管理および維持されます。 IT 部門のない企業でも、簡単に始めることができます。


01
rubix3.3page1.png

運用コストが高い

月々のクラウド利用料がかかります。したがって、運用コストがかかります。  より多くのデータを管理する必要があります。 -多くのまたは大規模な倉庫での

弱点
01
rubix3.4page2.png

ネットワークが悪いとスムーズに動きません。

ネットワーク環境がよくない場合クラウドに接続できない場合があります。

弱点
03
rubix3.2page2.png

初期費用が安い

WMS対応の端末(PC、モバイル端末など)とインターネットでご利用いただけます。新しいサーバーを購入する必要はありません。


02
rubix3.3page2.png

自由なカスタマイズが難しい

ベンダー提供のサーバーを使用する場合したがって、思い通りに作成またはカスタマイズすることは困難です。

弱点
02

WMS - サブスクリプション モデルの機能と利点

「サブスクリプションモデル」とは、ソフトウェアを使用するときに月額/年額を支払うというものです。

rubix3.1page.png

01

使用時間と使用量を都度お支払いいただきます。開始価格が安く、気軽に始められます。

初期費用が安い

rubix3.2page2.png

02

サブスクリプションモデルはサービスシステムで、利用者が多ければ多いほどメーカーにとって有利になります。 多くのユーザーに                 利益をもたらす

ソフトウェアの更新はスムーズに進みます。

rubix3.3page1.png

時間がかかるほどコストが高いほど

利用期間や利用量に応じて費用が発生します。 Therefore, the cost will increase when used for long time or when used in multiple warehouses or larger

弱点
01
rubix3.3page2.png

調整が難しい

サブスクリプションモデルのソフトが使いやすいからです。ユーザー数が多いと仮定すると、企業固有のリクエストに対応することは困難です。会社に合わせて

弱点
02

WMS オプトアウト – サポート : グローバル x ローカル

tablerubix3.4.png

WMS - グローバル向けのシステム機能と利点

「グローバルシステム」は、タイおよびタイ国外で使用するために設計されたシステムです。

rubix3page.png

多くの国で使用可能

このような要件により、各ユーザーの言語が変わる可能性があります。そのため、タイ国外との情報共有も容易です。 


01
rubix3page2.png

インポート/エクスポートに必要な機能

輸出入管理のための機能を標準搭載し、複数のサポート機能を搭載


02
rubix3page1.png

タイのビジネススタイルに合わないかもしれません

タイ国外で開発されたシステムの場合タイの税務や特定事業税には適さない場合があります。英語で読み取り可能

弱点
01
rubix3page3.png

サポートは英語のみの場合があります。

場合によっては、運用および保守サポートが英語のみで提供される場合があります。緊急支援が英語であり、言語に問題がある場合 システムを選択する必要があります。 WMS はタイ語をサポ
                    ートできます

弱点
02

WMS - タイ ローカルのシステム機能と利点

「System for Thai Local」は、タイ専用に開発されたWMSです。

rubix3.1page.png

タイの税金や税関に適した機能です。タイの会計システムに接続しやすくなります。

タイのビジネススタイルに合う


01
rubix3.2page2.png

タイ語での業務対応に加え、安心して使い続けられる体制づくりも簡単です。- 初期サポート

タイでのオペレーションをサポート


02
rubix3.3page1.png

タイ国外との情報共有が難しい

画面・レポートがタイ語のみの場合国外の企業と情報を共有するのは難しいでしょう。

弱点
01
rubix3.3page2.png

グローバル トランザクションの管理が難しい

複数通貨機能がなければ、WMS システムだけではグローバルに取引できない可能性があります。 など

弱点
02

CSIが開発した「Rubix」があなたのニーズにお応えします。

このように、「WMS」システムには多くの種類と特徴があります。 WMS を選択する際の鍵は、どの WMS が将来のビジネスにとって最高の価値になるかを判断することです。

   

     CSI 30年以上タイ・ASEANでシステム開発を行い、お客様のご要望に合わせてバージョンアップを重ねた倉庫管理システム「rubix」をご提供しております。これは、さまざまなタイプの WMS の機能と利点を組み合わせたソリューションです。

「rubix」はカスタマイズ可能なパッケージシステムです。サーバーはオンプレミスまたはクラウドで使用でき、購入またはサブスクライブすることができ、グローバルまたはタイでローカルに使用することもできます。

tablerubix5.png
simone-hutsch-_wpce-AsLxk-unsplashcrop.j

WMS システムの詳細については、

WMS の開発と実装に豊富な経験を持つ CSI が、WMS 実装の重要な側面を説明します。成功すれば、WMS をよりよく理解し、ビジネスに付加価値を与えることができます。

WMSシステム選択の成功の鍵

Image by Ruchindra Gunasekara

WMS คืออะไร

การจดบันทึก

ทำไมต้อง WMS?

ตู้เก็บเอกสารแนวตั้ง

ประเภทของ WMS

Image by Ilya Pavlov

ควรเลือก WMS อย่างไร

เจ้าหน้าที่ชายแนะนำขั้นตอนสู่ความสำเร็จ

ขั้นตอนการเลือก WMS

bottom of page