高品質なものづくり技術とサービス精神をこれからの未来に

生産管理システム「Factory-ONE」導入事例 – C社様

システム導入時の苦労から得た経験~タイや海外で生産管理システムを導入する時に考えておきたいこととは?

お客様企業概要

今回のインタビューにご協力いただいたC社様は、2011年にタイ東部の工業団地にて設立された。電子部品の製造と販売を行うタイ工場は、グループ最大の生産力を持つ。日本本社での受注生産とは異なり、見込み生産を行っていることも特徴の1つである。

Factory-ONE導入の目的と現在の状況

タイでは2番目の『Factory-ONE 電脳工場(以下「Factory-ONE」)』導入企業となるC社様。

しかし、導入には当初予定していたよりも時間を要し、2016年3月からのシステム本稼働となった。また、インタビューをさせていただいた2019年11月現在も、当初の計画に比べると限定した機能範囲でのご使用となっている。

本システムを現在はどのようにご活用いただいているのかを伺った。

ミスが多かった業務を標準化・効率化

Factory-ONEを使うようになって、それまでマニュアルで行っていたために多くのミスが起きていた社内の出荷指示やインボイスの提出などが、自動出力となったことによって、ミスがなくなりました。

弊社の中で1番活用出来ているのは、インボイス・パッキングリストの自動出力を行うシステムです。セールス情報をシステムへ確実に入力し、その情報からインボイスを出すことをメインとして使っています。

在庫管理に関する課題

BOI(タイ投資委員会)のライセンス下で業務を行うためには、部材と完成品との間における在庫の推移と、それぞれの差というのを非常に厳しく管理されます。

在庫については、工程内で在庫の推移をモニタリングしながら管理する体制が出来ていなかったため、工程ごとに在庫の推移をきっちりと見ていきたいという当初の目的がありました。こちらの方は最終的な課題でもあったので、将来は段階的にでもやっていかなくてはいけないですね。

業務のルール化で、システム活用の見込み

自由度が大きい生産管理体制であるために、業務上の取り決めがなかなか出来ていない背景もあり、パッケージタイプの生産管理システムには業務を合わせづらいという現状があります。業務的に標準化が追いついておらず、落とし込みがまだ出来ていないのです。

弊社側で業務を取り決めてルール化し、パッケージシステムのカスタマイズなどをすれば、それらの機能が徐々に使えるようになってくるのではないかと考えています。

最近では、標準の形で生産計画を立てられるようになってきており、現場での運用をきちんとした形にしていけば、在庫管理や、工程内での在庫のモニタリングが出来るようになるのではないでしょうか。

Factory-ONEの魅力は、「分かりやすさ」

最初に「電脳工場(Factory-ONE)」を見たときに、インターフェイスの優しさといったビジュアルが分かりやすいと思いました。

例えば、マスタ入力に関しては入力箇所が細かく分かれており、その入力データが色々なプログラムでつながっているという概念を理解するまでは大変なものの、マスタの入力手順だけをローカルスタッフに教え込むという点では、シンプルで教えやすいと感じています。

導入時の苦労から学ぶ~プロジェクト体制の確立が必要

業務とは別のプロジェクトチームを組む

製造業では特に多いと思いますが、従来通りにビッチリと業務を担当したままシステム導入のプロジェクトを始めれば、当然メンバーへの負荷がかかります。

プロジェクト体制のリソースと時間を組んで、従来業務の負荷を変えてから行うべきだったというのが反省点です。

今回、導入プロジェクトが上手く進みだしたのは、導入開始時と比べて、担当者の業務の負荷が減り、落とし込みや分析等の時間があったために出来たことです。

また、プロジェクトを組む時には、業務そのものが分かっていても、他の製造部門の詳細を知らないメンバーも多いので、基本的にはチームを組んでやらないといけなかった。チームをしっかりと組むことが出来なかったために、業務の落とし込みが上手く出来なかったんだと思います。

業務の流れ・製造の工程を把握している人物をリーダーとしてアサインする

特にローカルスタッフによるチームのリーダーを立てる場合には、全ての業務の流れや製造の工程を分かっている人物を、従来の業務をフリーにして業務負荷を変えた上で、リーダーにすべきでした。

マネジメントとしてのチェックと、トップダウン

プロジェクトの立ち上げ時には特に負荷がかかりますし、ローカルスタッフからすると新しいものには触れたくないという感情もあるので、マネジメントとしては、定期的にきちんと状況をチェックし、トップダウンで引っ張っていかないといけない場面もありました。

タイ・海外で生産管理システムを導入するためのアドバイス

ローカルスタッフの国民性や気質を考慮する

例えばタイという視点で見ると、自身で考えて答えを導き出すというよりは、ある程度定めたポイントに対して自動的に数値が出るなど、自身が判断しなくても作業が出来るようなものがプログラムの方が好ましいのではないかと思います。

業務とパッケージのFittingをしっかりと行う

システムを導入する前に、 現在の業務をどこまでシステムに合わせていくのか、業務を変えるのか変えないのか、そういった検討をしっかりと行っておかないといけないですね。

また、ローカルスタッフ達は本当にこの操作を出来るのか、前述のような自動化を行ってしまって本当に良いのだろうか、そういったところまで考えた方が良いのではないでしょうか。

システム導入支援を行うCSIに向けて

CSIを選んだ理由は、「きちんと出来るだろう」という期待

他国の工場でシステムを導入するプロジェクトが上手くいかなかった経験から、きちんと会話とサポートが出来て、長くお付き合いできるベンダーを求めていました。

最初の提案の段階から、「こういう形なら出来ますよ」「そこはちょっと難しいですよね」といった話を出来ていたところが、CSIならばきちんと出来るのではないかと感じたところ。

今まで色々と話を聞いていただいてきた中で、やりたいことに対して具体的な形で提案を聞けるというのが重要でした。

また、プロジェクト立ち上げ時の大変だった時でも、諦めずに対応してくれたので、信頼して任せることが出来たところも良かったと思います。

今後の展望

システム間や会社全体のデータの連携

会社全体として運用し、全体のデータがつながって流れて行くことで、初めて経営判断につながるツールとなるので、そうした使い方が出来るようにしたいです。

在庫がつながったら、生産管理、生産計画へ

元々の課題であった在庫管理をきちんと行い、その次に発注の規定をしっかりと決めた上で、発注を入れ込みたい。もちろん、生産管理まで行えるようにしたいですし、在庫のモニタリングもしていきたい。その過程で計画が細かな在庫のマテリアルの推移を管理するといった希望も当然あります。

現状使いこなせているとは言えないですが、出来ないとは全然思っていないんです。

生産計画を弊社で使えるようにするには、弊社である程度取り決めをした上で、カスタマイズの要望は色々と出させて頂きたいと思います。

業務的に合理化させたい思いと、在庫や生産計画、発注などの結果を出すこと、そしてマネジメントの方できちんと活用できるようなデータや数字からアクションを起こしていくことには、まだつなげられてはいません。

そういったゴールに向けて、一緒に同じ方向を向いて、一緒に成功させたいですね。

CSI担当者より

Factory-ONE担当営業:古屋 圭介(Mr. Furuya)

furuya@csithai.com / 092-225-4850

この度はインタビューへのご協力をいただき、誠にありがとうございました。

プロジェクトの立ち上げ当初から問題を抱え、導入スケジュールが遅延したり、現在も課題を残している部分があったりと、ご迷惑をおかけしている場面も多々ありますが、それでもなお、CSIを評価してくださっているというC社様のご厚情に対して、深謝の念に堪えません。

そうした困難を共に乗り越え、ようやく今、プロジェクトが力強く進み出したところです。

これからも、C社様の掲げるビジョンやゴールに向かって、更なる改善を実現していけるよう、Factory-ONEチーム一丸となってより一層努めてまいります。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

生産管理システム「Factory-ONE」について

詳細は、生産管理システム「Factory-ONE」ご紹介ページよりご確認ください。

Factory-ONE – 生産管理システム

生産管理システムに関するお問い合わせ

「Factory-ONE」ならびに、生産管理システム等に関するご質問・ご相談等は、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

生産管理システムについて問い合わせる