高品質なものづくり技術とサービス精神をこれからの未来に

【イベントレポート】JICA・タイ政府機関による「インダストリー4.0に向けたデジタル改善」アイディアソンセミナーに参加いたしました。

2019年11月29日(金)、JICA(国際協力機構)ならびにタイ政府機関が主催する「Ideathon Seminar for Digital KAIZEN towards Industry 4.0 – A Roadmap from KAIZEN to Industry 4.0 –」に、タイのシステム開発会社代表の1社として、CSIグループが参加いたしました。

「インダストリー4.0に向けたデジタル改善」アイディアソンセミナー

イベント概要

イベントタイトル

Ideathon Seminar for Digital KAIZEN towards Industry 4.0
– A Roadmap from KAIZEN to Industry 4.0 –

開催日時

2019年11月29日(金)

場所

DEPA(タイ・デジタル経済振興庁)セミナールーム

関連ウェブサイト

イベントに関する詳細はJICAウェブサイトからもご確認いただけます。

アイディアソンセミナー実施の背景

本イベントは、タイにおけるインダストリー4.0に向けた中小企業の意識を高めることを目的としてJICAとタイ政府機関が共同で開催したもので、タイのSME(中小製造業)とSIer(システム構築企業)とが集まり、SMEがデジタルカイゼンを進めるための方法を検討するIdeathon(アイディアワークショップ)セミナー。

セミナーに参加したSMEとSIerは、合同でSME内でのカイゼン方法の提案を作成する。提案内容が認められた一部企業には、JICAの資金援助による3ヶ月間程度のPoC(概念実証)プロジェクトに参加することが可能となり、PoCの結果はJICAによるインダストリー4.0への啓発コンテンツとして活用される。

In the event which will take place on November 29th 2019 by JICA in collaboration with Thai governmental agencies, there will be an Ideathon (ideation workshop) session inviting both SIs and SMEs to consider and propose how to use ICT solutions for SMEs to digitalize KAIZEN process as the first step to Industry 4.0. In this Ideathon, one idea (proposed by a pair of SME and one SI together) will have a chance to go into PoC (Proof of Concept) project which will be funded by JICA for 2-3 months. Afterwards, the result of the PoC project could be included in the enlightenment contents being developed by JICA as a good example. The contents will be shared with Thai stakeholders, and also used for awareness rising for SMEs about Industry 4.0 in the related JICA’s projects and activities.

November 29th 2019 @ Bangkok / Ideathon Seminar for Digital KAIZEN towards Industry 4.0|JICAウェブサイトより

CSIによる参加について

SMEとともにカイゼン方法を検討するため、本イベントには3社のSIerが参加。

CSIはそのうちの1社として、各SMEとともに製造IoTなどの分野における経験や知識を用いて、カイゼン方法を検討・提示しました。

セミナーの進め方や当日の様子

8:30 – 9.00
  • 受付・参加登録

9:10 -9:30
  • セミナーに関する説明
  • JICAによる代表挨拶
  • DEPAによる代表挨拶(Mr. Chatchai Khunpitiluck – DEPA Vice President)

9:30 – 10:00
  • JICAサーベイ調査チームによる中小企業向け情報提供

10:10 – 10:40
  • 参加SME企業内での内部ディスカッション
  • 企業内での課題・カイゼンポイントの書き出し
  • 専門家(タイ国内大学教授など)によるSMEへのアドバイス

10:55 – 11:55
  • SME間における他社との情報・意見交換(グループワーク)

12:25 – 12:55
  • グループワークで持ち帰った意見や課題をSME企業内部で再度ディスカッション

13:45 – 14:05
  • SIer3社による会社紹介

14:05 – 15:15
  • SMEとSIer間での課題解決アプローチのためのディスカッション
  • PoCプロジェクト提案を行うためのSME-SIer間のマッチング

15:15 – 15:45
  • SME・SIer間でのディスカッションを通じて模索したカイゼン案をまとめ、発表用の用紙に書き出し

16:00 – 16:40
  • SMEと各SIerによるカイゼン案のプレゼンテーション
  • 紙に書きだされたカイゼンソリューションを共同発表

16:40 – 17:00
  • タイ政府機関や投資機関による助成金制度に関する説明

17:00 – 17:30
  • JICAによるPoCプロジェクトへの資金援助に関する説明

17:30 – 17:40
  • 閉会挨拶

アイディアソンセミナーを通じて

本セミナーでは、デジタルカイゼンへの取り組みを行うSME 6社と、実際のカイゼンプロジェクトを支えるSIer 3社、各分野の専門家やタイ政府機関代表者が集まり、SME各社が持つ課題やその解決方法を探りました。

イベント内でのディスカッションを通じて、SME企業が真に求めていることや課題感を改めて肌で感じることが出来、今回のPoCプロジェクトのみならず、同じような課題を抱えるSME企業様への今後のアプローチにもつながる大変貴重で有意義な機会となりました。

また、参加された各SME企業の6社様のうち、4社様にCSIと合同でのカイゼン提案作成をご希望いただき、これまでのCSIにおける実績や経験が本イベントで活用できたことを大変光栄に思っております。

このようなイベントを通じ、タイにおけるインダストリー4.0に向けたタイ国内での意欲が活発になるよう、CSIとしても、今後ますますの努力を続けてまいります。

製造IoT/スマートファクトリー等への取り組み

製造IoT・スマートファクトリー等に関する詳細は、こちらからご確認ください。

製造IoT・スマートファクトリー