高品質なものづくり技術とサービス精神をこれからの未来に

製造IoTを導入するために、まず知るべきこと

タイでの製造IoT・スマートファクトリー化
~まず初めに知っておきたいことをお教えします~

製造IoTの導入で実現できること

製造IoTの導入で、どんなことが実現できるのか

  1. タイでの製造IoT、そろそろ始めてみませんか?
  2. 製造IoTの導入で、どんなことが実現できるのか
  3. CSIでの導入・サポート実績

タイで始める製造IoT、導入のためにまず知るべきこと

よくあるお悩み

工場内のご担当者様の場合

  • ITのことはよく分からない・・・
  • うちの古い設備からもデータは出せるの?
  • FA(Factory Automation)って、投資額も膨らみそうで心配。

IT部門のご担当者様の場合

  • 設備の中のことはよく分からない・・・
  • バーコードなら分かるけど、どこからデータとればいいの?
  • 他部門との連携もしないといけない?

\ どこから手をつければよいの? /

製造IoT導入の登場企業と役割

 ソフトウェア(弊社CSIなど)

製造データを見える化、分析をする上でのツールとして、ソフトウェアシステムを提供・導入。
ご要望と導入するソリューションに合わせて、市販パッケージ・フレームワーク・スクラッチ開発でお客様をサポート。

 製造機器メーカー

新規・既存ラインにて、使用する固定式センサー・シーケンサーを提供。
コンサルタント的立場として、ご使用の設備からデータ取得ができるか否かのサーベイもサポート。

 設備メーカー

新規・既存ラインにて、ご利用の設備からデータ取得を行う際に、メーカーによる作業が必須となる場合、お客様の支援の元でサポート。

 設備工事(FA業者様など)

製造機器メーカーからの情報、もしくは現地サーベイを元に、製造機器(制御盤も含む)を導入。場合により、分電盤工事・電気配線も実施。

 ハードウェア

サーバー機器・ラインPCといった機器・導入以外に、工場内のLAN配線・アクセスポイント・セキュリティーを考慮し、導入を支援。

製造IoT導入プロジェクト 開始までの流れ

Step 1 – ご相談

まずはお客様のご要望をヒアリングし、ご要望に沿った実績や事例をご紹介いたします。

Step 2 – 現場チェック(数回)

設備関連の業者様とともに、お客様が実際に使用されている設備や機器の稼働状況、ネットワーク環境などを調査。

お客様の現状をしっかりと確認した上で、実現可能なソリューション提案へと進めていきます。

Step 3 – ドラフト提案書のご説明

お客様のご要望と状況を元に、導入後のイメージがしやすいドラフト提案書をご提出・ご説明。

何回かの打合せを重ねることで、ソリューション内容やプロジェクトの進め方が「見える化」し、最終ビジョンを関係各位が共有します。

Step 4 – お客様による社内調整

お客様の社内にて、導入プロジェクトチームを設置し、役割分担の明確化を行っていただきます。

(御社内でまず何をすればよいのかといったサポートも可能ですのでご相談ください。)

Step 5 – プロジェクト開始

ご契約後、いよいよIoT導入プロジェクトが始まります。

1つ1つ着実な運営・管理の下、お客様のご要望となるゴール地点へと向かっていきます。

製造業向けIoT導入に関するセミナーについて

不定期開催セミナー

製造IoTセミナー in アマタナコン ~ 製造現場へのIoT導入 今、何をするべき?(2018年12月)

過去のIoT関連セミナー

「どのようにIoT化を始めたらよいのか分からない」という方に向けて、不定期で「製造IoT関連セミナー」を開催しています。

詳細は「製造IoT・スマートファクトリー」の特設ページをご確認ください。

今後のIoT関連セミナー

今後の開催予定は、セミナー情報ページよりご確認いただけます。

出張ミニセミナー

これまでも、IoT化に取り組みたいと真剣に考えている企業様にのみ、日本人向け/タイ人向けの「出張ミニセミナー」を開催してまいりました。

出張ミニセミナーの開催ご希望は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

出張ミニセミナーについて連絡する

お問い合わせについて

製造IoTの導入やスマートファクトリー化に関するご質問、ご相談などは、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

製造IoTについて問い合わせる