日本で1,600本以上の導入実績(2019年7月現在)を数えるという中小企業向け生産管理システム『Factory-ONE 電脳工場』シリーズ。その海外版として登場した「Factory-ONE GL」も、タイやASEANを中心に導入実績が広がりつつあります。

 そうしたタイにおける需要拡大の状況を踏まえ、『Factory-ONE 電脳工場』シリーズの生みの親である「株式会社エクス(EXcorporation)」より、タイ・海外での今後の展望、そして海外の販売代理店かつ導入支援パートナーであるCSIに向けて、お話を伺いました。

Inrerview_photo.jpg



インタビュー目次

  1. 日本同様の高品質な海外版生産管理システム「Factory-ONE GL」とは
  2. 「Factory-ONE」のタイへの展開のきっかけ
  3. タイで生産管理システムを導入する難しさ
  4. タイにおける「Factory-ONE」の強みとは
  5. タイでの展開にあたって、CSIをパートナーに選んだ背景
  6. 今後のタイでの展望
  7. CSIに向けての今後の期待
  8. お話を伺った方:株式会社エクス - ご紹介
  9. お問い合わせに関して



生産管理システム 「Factory-ONE」について

F1_title_JP.jpg

 「Factory-ONE GL」は、海外に進出する日系の中堅・中小製造業からの「国内同様の高品質な生産管理システムを導入したい」という声によって誕生した「Factory-ONE 電脳工場 MF」の海外対応システムです。海外で必要な機能のみに絞り込んで標準機能とすることで、リーズナブルな価格設定を実現しました。日本で培われた多くのノウハウと、タイの商慣習にも対応した「海外版 Factory-ONE 電脳工場 MF」が「Factory-ONE GL」です。

詳細はこちら:生産管理システム「Factory-ONE」



生産管理システムに関するお問い合わせに関して

本ソリューションに関してのご質問、ご相談などはお問い合わせページからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら (担当: 古屋)

F1-Contact-us_JP.png



関連記事