タイ・バンコクに本社を構えるC.S.I.グループが、生産スケジューラー「Asprova」の導入支援に関する優良パートナーとして、Asprovaの開発元であるアスプローバ社様よりご招待を受け、東京での表彰式に出席いたしました。

Photo_Asprova表彰式_01.jpg

2018年3月13日に関東ITソフトウェア健保会館(東京都)で開催された「Asprovaビジネスパートナー会」の中で行われた表彰式に、アスプローバの導入支援・保守サポート等を担当する日本人エンジニアと、日本語・英語・タイ語及びAsprova製品や現場の生産管理フローを理解したプロジェクトコーディネーター、またCSI-JS(CSI日本法人)より日本人営業の3名が出席いたしました。

Photo_Asprova表彰式_02.jpg

また、ビジネスパートナー会においては、「タイにおけるスケジューラ導入~意思決定支援と顧客を自発的に動かす導入~」というテーマにて、日本で活躍されるAsprovaパートナー様に向けての講演を行わせていただきました。

Photo_Asprova表彰式_03.jpg



C.S.I.がアスプローバ社から表彰をいただいた背景は

この度、アスプローバ社様から表彰をいただくにあたり、なぜ、C.S.I.が選ばれたのか、今後のC.S.I.にどのようなことを期待されるのか、アスプローバ社 藤井様、上村様にお話を伺いました。

Photo_Asprova表彰式_04.png

1. C.S.I.に対する評価

安定した経営と高い技術力に信頼を置いています。(藤井様)

日本人スタッフ、日本語の話せるスタッフ、ローカルスタッフも多数在籍されており、日本でのビジネス経験を活かし、日本と変わらないサービスを提供されています。既存ユーザからの信頼もあり、安心して任せられるパートナーです。(上村様)

2. タイと日本とで、異なると感じるところは

まだAsprova製品のブランド力が弱いと感じています。また、導入に関してもお客様の要件の難しい案件が多いです。(藤井様)

日本よりも転職転勤率が高く、Asprovaの継続使用や技術者育成に苦労する事が多いです。
その意味ではCSI様では定職率が高く、Asprova技術者育成にもご尽力いただいており、多数のAPT(※注)認定者が在職され信頼も厚いです。(上村様)

※注:APTとは、アスプロ―バ社様による認定試験です。
CSIでは、APT認定者を日本人・タイ人ともに抱えており、タイにおけるAsprova導入をサポートしています。

3. C.S.I.への今後のご期待

最新バージョンのタイ語化や、コンテンツのローカライズなど、現地のお客様に即したサービスの開発や提供ができるように、今後ともご協力をお願いいたします。(藤井様)

Asprova単体販売もさることながら、周辺機能の開発や生産管理システムとの連携などソリューションとしての提案をすることで、幅広くお客様のニーズにお応えできることを期待しています。(上村様)

4. アスプロ―バ社様による今後のタイでの展望

東南アジアの中心市場と位置付け、特に成功事例・導入実績を増やしていきたいと考えております。
今後アセアンの核となるタイで、システムの他国への展開をめざすとともに、タイ企業へのAsprova導入の件数を増やしたいと思います。1社だけでは実現が難しい事でも様々なアライアンスや協業を組むことで実現を模索して行きたいと考えています。(藤井様・上村様)

5. Asprovaはどのようなお客様にお薦めか

生産スケジューラAsprovaはどのお客様にも必要なソフトウェアと考えています。
必要性を気づいていないお客様や出来ないと思っているお客様にぜひASPROVAのソフトウェアの有用性を知って頂きたいと思っています。まだまだアジアでは弊社のソフトウェアを知らないお客様が多いので、広く多くのお客様に知って頂きたいと考えています。(上村様)

6. C.S.I.はどのようなお客様にお薦めいただけるか

安定し、技術力の高い企業として日本のお客様へも宣伝していきたいと考えております。
Asprova単独だけでなく周辺機能の開発や他システムとも連携し改善を考えているお客様へご紹介したいと思います。 (藤井様・上村様)



C.S.I.担当者からの受賞のコメント

今回、このような賞を頂き、誠にありがとうございます。

タイでも生産管理の導入が終了し、次のステップとしてスケジューラを求めている工場が増えてきています。

CSIは今後も引続きAsprova様と協力し、タイにおけるスケジューラ導入No1ベンダー、またタイ以外のASEANでの導入・サポートも目指して日々活動したいと思います。



Asprovaは生産計画立案支援ソリューションです

こんな業務課題にお悩みではありませんか?

(1)在庫を多く持っているのに関わらず、原料や半製品の欠品が発生してしまう

(2)月末や月初にライン停止が頻繁に発生する

(3)特急品や納期変更に柔軟に対応できていない

(4)計画担当者の離職のたびに、計画精度が落ちてしまう

タイ・生産スケジューラー「Asprova」導入事例 - MessageJP.png

生産スケジューラー Asprova - タイでの導入実績

生産スケジューラー・生産計画システム「Asprova/アスプロ―バ」を実際に導入を実施・成功された日系の製造業様にお話を伺いました。

>>【導入事例】Advanced Planning Systemで、生産計画作業をより強化なものに。



お問い合わせに関して

本ソリューションに関してのご質問、ご相談などはお問い合わせボタンからお気軽にご連絡ください。

関連記事